<文芸美術国民健康保険組合加入手続き補助>

 

文芸美術国民健康保険組合に関する注意事項

 

(1)JNCAに入会した方すべてが文芸美術国民健康保険組合に加入できるわけではありません

 

当協会(以下「JNCA」)は「ネットで活躍するクリエイター様をサポートする団体」です。その中の一つのメニューが「文芸美術国民健康保険組合(以下「文美国保」)への“あっせん”」となっております。「JNCAの会員になること」と「文美国保に加入すること」とは別の事柄ですので、「JNCAに入会すれば、必ず文美国保に加入できる」わけではありません。「文美国保へ加入できるかどうか」に不安がある方は、事前に「文美国保」へのお問い合わせなどをお勧めします。

 

(2)文美国保は“著作創作活動からの収入”を「主な収入源」とされている方を対象とした国保組合です

 

主な職業が別にあり「補助的に著作創作活動を行っている」方の場合、「文美国保」の加入を認められない場合があります。 「文美国保」への加入審査は「文美国保」にて行われており、その「具体的な審査基準」は知らされておりません。確定申告書類や入金明細など、多角的な審査が行われいると思われますので、「著作創作活動以外のご収入がある方」「ご自信のご職業が著作創作活動であるかご不安の方」は、事前に「文美国保」へのお問い合わせをお願いします。

 

(3)副業程度での著作創作活動をされている方はご注意ください

 

例えば「不動産収入が主な収益の方」が「副業程度で音楽著作印税を得ている」場合、その方がJNCAへ「作曲家」として入会申請されたにも関わらず、別途送付いただいた確定申告書類コピーから(職業欄は作曲家と記載されていても)「明らかに不動産所得で生活とされている方」であることが判る場合などが最近目立ってきております。この場合、前述のように「文美国保」にお問い合わせをする際には、「主な収入が不動産収入であり、全体の●%程度が著作収入である」などを正確にお伝えするようにしてください。

 

 

<著作権管理援助(講習等)>

 

日本ネットクリエイター協会では、音楽著作権や音楽著作隣接権(原盤権)を上手に活用するための講座を定期的に行っています。ニコニコ動画などを使って配信する「オープン講座」および、JNCA会員の方だけが参加出来る「クローズド講座」を行っており、随時、このサイトおよび会員宛のメールにて連絡をいたしますので、是非、ご活用ください。

 

 

<よろずメール相談>

 

会員限定で「よろずメール相談」を行っております。

 

(1)確定申告に関するご相談
(2)ふるさと納税など、税金に関するご相談
(3)皆さまが企業と取引をされる場合などの、契約に関するご相談
(4)相続・介護・離婚等に関するご相談
(5)会社設立に関するご相談
(6)皆さまが創作されたコンテンツの商標登録等に関するご相談
(7)商取引におけるトラブルに関するご相談
(8)資産運用に関するご相談などのご相談

 

それぞれのプロフェッショナルな方々にメールで回答していただいております お申し込みは、下記のメールフォームからお願いします。
*「よろずメール相談」のパスワードがご不明の会員の皆様は、JNCA事務局までお問合せください
「クリエイター名」「本名」「相談事項(文字数制限なし)」

 

 

<Youtube Content ID取得手続き補助>

 

日本ネットクリエイター協会では、会員の皆様が権利を有する「音楽データ」および「動画データ」が、Youtubeに「転載」された場合に

(1)強制的にバナーを貼って収益化を行う
(2)転載動画から当該データを視聴不可能にする

などを行う「Youtube Content ID」の登録代行を行っております。

 

Youtyube ContentIDについて

 

Youtube Content ID解説(PDFが開きます)

 

当該サービスを受けるためには別途、日本ネットクリエイター協会との契約が必要になりますので、詳細はJNCA事務局までお問合せください。

 

 

 

<確定申告セミナー>

 

日本ネットクリエイター協会では、毎年確定申告のタイミングで、ネットを使っての確定申告セミナーを開催しています。ネットで創作活動をされる方の活動を熟知した税理士の先生による講座ですので、是非、ご活用ください。開催時期はこのサイトで随時報告いたします。

 

 

 

 

<無料税務相談>

 

日本ネットクリエイター協会では、会員の方向けに、メールおよびネット会議を使っての無料税務相談会を行っております。開催されるタイミングで一斉メールにて告知いたしますので、ご希望の方はお申し込みください。